FXビクトリーメソッド著者の体験談について(1) | FXビクトリーメソッド~外国為替証拠金取引で勝つ方法~

FXビクトリーメソッド著者の体験談について(1)

あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版

あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版

“FX Victory Method-Advance” への道程

私の父は、穀物相場の相場師でした。

手亡という不思議な名前の銘柄と、赤いダイヤといわれていた小豆が父の扱っていた相場でした。

この相場だけで父は家族を二十年以上も食べさせていました。

ですから、私は相場で生活ができるということを体で知っているのです。

その父が病で倒れ、他界したのは私がまだ学生の頃でした。

さて、私が投資を始めたのは今から二十年以上も前のことです。

父の影響からか、最初に始めたのは大豆の先物取引でした。

父から相場の手ほどきは受けていませんでしたが、見よう見まねではじめたわけです。

当時はまだインターネットが広く普及していなかったので、電話での取引でした。

今のようなリアルタイム情報などはなく、1日遅れで到着する穀物新聞とNHKの世界の天気だけが頼りの、今思うと恐ろしいほどに情報不足の中でのトレードでした。

そのような状況の中でも200万円以上の利益を何度か上げて有頂天になったときもありましたが、ポジションサイジングも何も分からずただ勘だけで何も勉強らしい勉強もせずに取り組んだ投資がそう長くうまくゆくことが続くはずがありませんでした。

相場をなめていた罪で、あるとき、私は数日で600万円ほど損をしてしまったのです。

当時の穀物相場は、電話取引でしたので、今のFXのように顧客の意思でトレード画面で設定するストップロスという仕組みがまだ一般的ではありませんでしたので、
恐ろしいことにストップなしでの取引でした。

そして、損を出すとすぐに追証をしなければなりません。

数百万円の現金をすぐに用意するというのはたいへんなことでした。

当時の先物は、今よりももっと危険なものでした。

>>FXビクトリーメソッド公式サイトはこちらから

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FXビクトリーメソッド~外国為替証拠金取引で勝つ方法~

FXビクトリーメソッド~外国為替証拠金取引で勝つ方法~ TOP » FXビクトリーメソッド体験談 » FXビクトリーメソッド著者の体験談について(1)