FXビクトリーメソッドの内容について(3) | FXビクトリーメソッド~外国為替証拠金取引で勝つ方法~

FXビクトリーメソッドの内容について(3)

あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版

あなたがFXで1番知りたかったこと。先進のFXビクトリーメソッド【アドバンス】完全版

このe-Bookのその他の特徴につきまして

◎ 合理的で、初心者の方にも解る内容です。
(難しい理論をこねくり回したような内容ではありません)

◎ 理論ではなく、実践的で具体的なトレード手法です。
※ 豊富な図解で説明しています

◎ 売買ポイントが明瞭に解ります。

◎ どの通貨ペアでも、どの時間軸でも使えるノウハウです。
※推奨は時間足(30分足)以上の時間軸です。

◎ パソコンのトレード画面を見ながら刻々と変化するサインを読み取ってトレードしますので、基本的にはトレード中はチャート画面を見ているほうが有利です。

ただし、スイングトレードでメソッドを運用する場合は、1日数回チャート画面を見る程度で運用できます。

※ポジションを持った後は、トレーリング・ストップを使って自動トレードをする方法もありますので、e-Bookの中で解説しています。

◎ デイトレードからスイングトレード向きのノウハウです。

デイトレードを中心に記載していますが、使う時間軸をシフトすることによって、スイングトレードでメソッドを運用することができます。

e-Bookの中で解説しています。

◎ 高い精度の投資手法で、タイト・ストップで運用ができ、1取引当たりの損金リスクを限定して、ドロー・ダウン(資産の減少額)を抑えることができます。

◎運用する通貨の単位時間当たりのボラティリティーにもよりますが、相場のブレの範囲にとどめるタイトストップを採用できるので、結果的に運用におけるシャープ・レシオも高くすることができる投資法です。

◎ 実践偏では、暴騰、暴落の可能性のある重要経済指標発表日での対応方法も知ることができます。

◎ メソッドを実践する時のケース・スタディーも充分にできます。

ノウハウの拠り所としている考え方につきまして

>> レートの移動範囲は、相場の背景的状況においてある程度確率的に限定される、ということを前提としています。

>> 市場は投錨(Anchoring)によりある程度トレンドは継続する、ということを前提としています。

>> 市場は効率的ではない(市場はランダムウォークではない)、ということを前提としています。

>> チャートには全てが織り込まれる。しかし瞬時には織込まれない。ということを前提としています。

>> 市場は合理的ではない(多種多様の考え方の人がいる)、ということを前提としています。

>> 利益の期待値より、損のリスクは小さくなくてはならない、ということを前提としています。

>> トレンドか、あるいは調整(Correction)なのかの確認のためのわずかな遅延は市場に支払う必要経費である、ということを前提としています。

>> 指標はトレンド状態に応じて用いて、補足補完して用いなくてはならない、ということを前提としています。

>> 多くの人が用いている指標であるほど市場への影響度が高い、ということを前提としています。

>> チャートやテクニカル指標である程度の相場予測ができる、ということを前提としています。

>> 市場はほぼ常に流動性が高い(売買がスムーズにできる)、ということを前提としています。

>>FXビクトリーメソッド公式サイトはこちらから

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • newsingブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • RSSを購読する

次の記事 »
前の記事 »
トップページへ » FXビクトリーメソッド~外国為替証拠金取引で勝つ方法~

FXビクトリーメソッド~外国為替証拠金取引で勝つ方法~ TOP » FXビクトリーメソッド内容 » FXビクトリーメソッドの内容について(3)